TOP » これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装では火災保険を利用できる?

外壁塗装では火災保険を利用できる?

火災保険と外壁塗装

外壁塗装を検討している方のうち、さらに火災保険にも加入している場合、その保険の種類や適用の条件次第では、火災保険の保険金を利用して外壁塗装の施工ができるかもしれません。外壁塗装はおおよそ10年周期を目処に定期的に行うべき工事ですし、1回あたりの工事で100万円前後のコストがかかりますから、コストを抑えるという意味でも、せひ確認していただきたいところ。

そこで下記では、火災保険の基本的な解説をはじめ、火災保険が外壁塗装に適用できる条件、申請について、さらに「火災保険詐欺」などについても、解説していきます。

火災保険とは

近年では保険にも様々なプランの商品が登場しており、一口に「火災保険」と言っても、なかには、火災の被害にとどまらないほど、補償される範囲が広いものまであります。

そこで、外壁塗装に対して適用される火災保険の種類を知るために、まずは、火災保険の種類や契約内容といった基本的な内容を確認するところから始めましょう。

保険の種類をチェックしよう

戸建て住宅向けに販売されている火災保険には、いくつか種類があります。一般的に大別されているのは、

  • 住宅火災保険
  • 住宅総合保険
  • オールリスクタイプ※従来より幅広い補償がある新登場の火災保険

の3つになります。これらのうち、ご自身が加入している火災保険がどれに当たるのかは、「保険証書」を確認したり、契約している損害保険会社に尋ねることでチェックすることができます。

自然災害でも保証される

外壁塗装の工事に火災保険が適用されるには、どのような条件や場合があるのでしょうか?それは、「契約している火災保険の種類ごとに決められている補償の範囲次第」ということになります。3種類の保険それぞれで異なってくるということです。

まず、戸建て住宅向けに販売されている火災保険は、ほとんどの場合、火災事故だけではなく、さまざまな自然災害によって発生してしまった損害に対しても補償されます。外壁塗装の保険適用については、「自然災害で破損した」「なんらかの損害が発生した」といったケースであれば、保険が適用される可能性があります。3つの火災保険のいずれも、この内容を含みます。ただし、それぞれの適用範囲は異なってきます。

住宅火災保険の場合

加入している火災保険が、「住宅火災保険」の場合、ガス爆発などを含む火災はもちろん、落雷による被害や風災などが原因となった外壁劣化でも、外壁塗装の補償が適用されます。

「住宅火災保険」は、戸建て住宅を対象に販売されている火災保険のなかで最もポピュラーなタイプの商品です。火災を基本として、そのほか、 「風」「雪」「ひょう」「落雷」「破裂」「爆発」といった災害による損害補償が受けられます。そのため「台風の暴風による外壁にダメージがあった」「外壁が落雷で崩れた」といった場合は、適用できる可能性があります。

ただし、「住宅火災保険」では、水害による被害の補償は受けることができません。洪水や高潮、集中豪雨による浸水をはじめ、水漏れ事故による外壁の汚れなどには適応できないことを認識しておきましょう。

住宅総合保険の場合

「住宅総合保険」の場合、「住宅火災保険」以上に補償が適用される範囲が広くなります。住宅総合保険は、住宅の損害に関するあらゆるリスクを、多面的に補償してくれるオールマイティな保険と言えるもので、まさに総合保険の名にふさわしい保険になっているからです。

住宅総合保険で補償される範囲は、住宅火災保険の内容に加えて、「水害による住宅の損害」「交通事故などで自動車が住宅に与えた損害」、さらには「泥棒被害」による損害も適用されるようになります。水漏れの損害では人的過失でも対象になる可能性があるため、外壁塗装が必要になるさまざまな損害に対して補償が受けられると言えます。

突発的な被害のリスクを考えると、外壁塗装の塗り替えに備えておくためには住宅総合保険の方が安心できるでしょう。

経年劣化は適用外

外壁塗装の火災保険適用で注意すべきポイントとして、どのような種類の保険であっても、経年劣化や老化による修繕には、保険は適用されない、ということを覚えておきましょう。火災保険は、災害が原因ではない老朽化や外壁である以上は避けられない変質、変色、摩耗といった劣化に対しては、まったく補償を受けられません。カビやコケ、錆などの発生に対しても同様です。保険の申請をすることもできないため、注意しましょう。

火災保険の申請方法は?

保険が適用できるケースになった場合、補償を受けるためにどのような手続きや書類が必要になるのでしょうか?

申請書類のポイント

自然災害によって外壁に損害が発生した際、まずは保険の契約をしている損害保険会社に連絡をすることが必要です。被害があっても、こちらから伝えなければ保険申請は始まりません。連絡後、申請をおこなうにあたっては、必要な書類や注意点などを詳しく聞きましょう。

申請書類に、「損害があった事故の報告書」「工事の見積書」「保険金の請求書」の3つが必要になります。これらの書類は個人でも作成できますし、代理店でも作成してもらえます。

ただし、損害の様子がわかる写真などの添付が必要なので注意しましょう。工事の見積書については、塗装業者をはじめ、専門業者に依頼することになります。「保険を申請するから、見積書をとってほしい」と依頼すれば、スムーズに対応してくれることでしょう。できあがった保険の申請書類は、損害保険会社に直接提出してもよいですし、代理店がある場合はそちらでも構いません。

鑑定人が必要

必要書類を作成して補償の請求申請をおこなうと、次に必要なのは、鑑定人による調査です。損害鑑定人は、損害保険会社が地域ごとに派遣しているもので、外壁の損害状況を実際に調査してくれます。この損害鑑定人による調査と、それを受けた損害保険会社の審査をへて、実際に申請内容が認められることで、保険金が支払われることになります。

「火災保険詐欺」に注意!

最後に、火災保険を目的にしている詐欺行為についての注意についてみてみましょう。

「火災保険を適用すれば、外壁塗装の塗り替えが無料でできますよ」と言った具合に、工事の契約をもちかける業者が存在しますが、こういった甘い話は詐欺である可能性が極めて高いことを認識しておきましょう。もしも騙されてしまうと、本人になりすました保険の申請書類の作成などで手数料を要求してきたり、実際の工事を別の業者に依頼すれば、非常に高額なキャンセル料などを請求される可能性があります。支払われる保険金が少ない場合は、虚偽の内容で保険申請をおこなったり、わざと外壁を壊して修理を進めようとしたり、といった事態にまで拡大するかもしれません。

外壁塗装の塗り替えに火災保険を利用できるのは、契約している保険の範囲内、かつ実際に損害が発生した場合のみです。虚偽の内容で申請をすれば、保険金が下りないどころか、虚偽罪で逮捕されることもありますので、詐欺行為には注意しましょう。

「安く」「高い技術」
がある外壁塗装業者ベスト3!

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

1位

95万8,878円

匠ペイントプロ

匠ペイントプロの
公式サイトはこちら

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

2位

97万2000円

リペイント

リペイントの
公式サイトはこちら

全20社に
見積もり依頼
しました!

※40坪・2階建て(シリコン塗料)での価格