TOP » これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装はDIYでできる?

外壁塗装はDIYでできる?

DIYの場合のメリット・デメリット

DIYは食器棚や本棚のような家具だけでなく外壁塗装も対象となっており、自分自身で生活環境をリフォームをする楽しさを味わえます。自分でおこなうので業者に依頼する手間が省けるので安く塗装できるのも、DIYで外壁塗装がおこなわれている理由の1つとなっています。

ただし、外壁塗装は専門の業者がいるほどに個人でおこなうハードルが高く、きちんと工程を把握した上で実行する必要があります。方法と手順はもちろんのこと、塗装をする上のメリット・デメリットも理解した上でおこなうようにしましょう。

DIYのメリット

外壁塗装をDIYでおこなえば自由にデザインできる上に費用が安く済みます。また、業者側の都合に合わせることもないため、スケジュールも自由です。外壁塗装やデザインに関する知識があれば、DIYをおこなってみることもおすすめできます。

そしてDIYを実施すれば業者を探す手間も省けますし、悪徳業者に騙されることもありません。外壁塗装では見積もりに関係する知識も必要なので、自信がない人はDIYを選ぶのも選択肢の1つです。

DIYのデメリット

DIY最大のデメリットは、すべてを自分でおこなうため、塗装に関する専門知識や安全配慮が求められることです。工具や足場の準備はもちろんのこと、外壁塗装に対する正しい工程を把握した上で実行しなければ、塗装は効果を発揮しません。一つでも怠ってしまえば、すぐに塗装は劣化してしまいます。

他にも、塗装の都合として高い所に行く必要があり、転落して怪我をするリスクもつきまといます。慣れない作業ではバランスを取ることも難しく、また体力や集中力も必要であるため、素人が自己判断で行うのは危険が高いことを念頭に置きましょう。そして素人が無理におこなっては塗りムラや塗装後のイメージ違いはどうしても起こってしまうため、せっかくの作業が無駄になってしまう可能性もあります。

自分でもできる、という考えで安易に始めては予想外のトラブルが起こることも考えられるので、塗装をDIYをおこなうのであれば徹底した勉強・準備が必要であることも把握しましょう。

準備するもの

DIYを始めるのであれば、作業に必要な道具の確認と準備をしましょう。

高所への塗装もおこなうので、足場の準備から。設置する足場を用意したら、「下塗材となるペンキ」「その上に塗る中塗材」「上塗材の役割を果たすペンキ」の3種類が必要です。また、塗装落ちを防ぐマスカーと呼ばれる養生材や、壁を補修するシーリング材やコーキング材も用意しましょう。塗料を壁に塗る刷毛やローラー、身の安全を守るヘルメットや安全帯も忘れてはいけません。

塗料は種類によって耐久年数が変わるため、値段だけでなく塗料の特性についても把握しましょう。

  1. アクリル 4年~5年
  2. ウレタン 7年~10年
  3. シリコン 10年~13年
  4. ラジカル 13年~15年
  5. フッ素 15年~20年

作業工程

ここからは、実際の外壁塗装DIYの手順についても紹介します。まずは足場を設置して、塗装する外壁を徹底的に洗浄しましょう。足場の設置と塗装はどちらも1日以上は必要で、その後の感想にも1日かけるべきです。下地の処理と養生、そこからおこなう3度の塗装は全て1日かける必要があります。

塗装が終わった後は、養生テープのはがしと足場解体をそれぞれ一日かけます。ただし、全ての工程における時間は専門業者がおこなった場合であり、個人の場合、さらに時間がかかると考え動く必要があります。最低限、足場の設置と解体だけは業者に依頼した方が無難です。

慣れていない人がおこなう場合、3ヶ月近くはかかることもあります。まとまった時間・休暇を取れるケース自体が少ないことや、雨が降っては塗装が進まず、どうしても作業は中断せざるをえない事態になることも意識しておく必要があります。

かかる費用について

業者にもよりますが、外壁塗装を依頼する際は一般的に50万~200万辺りはかかることが一般的です。もちろん、材料自体はホームセンターやインターネットで検索すれば個人で購入することもできますが、全ての材料を集めても30万円以上はかかります。また、足場の組み立ても業者に依頼することになり、その費用が10万円~20万円が必要です。

業者に依頼するよりは安価ですが、材料を揃えて自分で作業をおこなう手間を考えると、DIYもお得とは一概には言い切れません。友人や親族に塗装の経験があり、レクチャーを受けながら進めるならまだしも、個人で材料を揃えても節約になるとは限らないでしょう。

業者に頼む方が安全で安価

やはり、外壁塗装は個人で行うよりも業者に依頼する方が安全かつ安価で済むことが一般的です。もちろん、信頼できる業者に依頼できるよう、ユーザー側も適切な知識を身に付けることを忘れてはいけません。

DIYは自分でデザインできる楽しみはあります。ただし、素人が安易におこなっては怪我のリスクも高く、また塗装の処理も万全にはできないため、近隣住民とのトラブルにも繋がるでしょう。

予算はかかりますが、正確かつ安全に塗装できるという意味では業者に依頼する方が安全です。外壁塗装は自分たちの家を守ってくれる大事な壁でもあるので、信頼できる業者に依頼することも検討しましょう。

「安く」「高い技術」
がある外壁塗装業者ベスト3!

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

1位

95万8,878円

匠ペイントプロ

匠ペイントプロの
公式サイトはこちら

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

2位

97万2000円

リペイント

リペイントの
公式サイトはこちら

全20社に
見積もり依頼
しました!

※40坪・2階建て(シリコン塗料)での価格