サイディングとは?

外壁塗装の1つでああるサイディング。サイディングボードとも呼ばれれ、掛かる費用の安さや耐久性の高さで人気を誇っています。そんなサイディングについてまとめました。

窯業系サイディングの特徴

窯業系の材質はセメント室と繊維質を混ぜて作り、サイディングの中では最も広く普及しています。レンガ風やタイル風など、オリジナルに近付けたデザインも豊富に揃っており、高く人気が出るようになりました。

セメントを混ぜたことで地震や火災に対しても強くなっており、最近では色褪せや汚れにも耐性を持つ窯業系サイディングボードも出ています。新築住宅の7割近くでこの窯業系サイディングが使われるようになったため、今後も使われる機会が増えていくでしょう。

窯業系サイディングのメリットとデメリット

窯業系サイディングはバリエーションの豊富さとコストパフォーマンスの良さで人気を呼んでいます。外見の綺麗さと落ち着いた雰囲気を味わえることもメリットで、自宅の外壁を綺麗にしたい人におすすめの素材。工期も短く、すぐに仕上げられることも利点です。

一方で、他のサイディング素材と比べると積極的なメンテナンスが必要で、さらにシーリング(繋ぎ目)も劣化しやすいことがデメリットとして挙げられます。防水効果も弱いため、雨の耐性が低いのが難点です。

費用と相場

窯業系サイディングは1㎡ごとに5,000円から8,000円が一般的となっています。100㎡の工事でも50万円程度が相場となっていて、サイディングの中でも比較的安く済むのが特徴。

種類によっては1㎡の価格が3,000円程度に抑えられているケースもありますが、品質を求めているのであれば業者ともしっかり相談した上で、費用と相場について把握しておきましょう。

耐久年数

窯業系サイディングは安価で利用できる分、他の材料と比較すると早めのメンテナンスが必要です。一般的に7~8年の周期でメンテナンスが必要とされているため、もしも汚れやくすみ等が目立つと感じたらすぐに相談が必要です。

他の素材と比べて短いスパンではありますが、近年では窯業系サイディングの質も徐々に上がってきています。メンテナンスの周期が伸びる可能性も充分にあるので、他の素材と十分に比べて検討してみてください。

木質系サイディングの特徴

木質系サイディングは天然の木を材料にした板を利用して、自然な雰囲気の外壁を作ることが可能です。木質ではありますが特殊な加工がされているため火にも強く、熱を上手にはじいてくれるために断熱性も高くなっています。種類によっては腐食防止のコーティングもされており、見た目の美しさから高い人気を得ている素材です。

メリットとデメリット

木質系サイディングは見た目の美しさだけでなく、使い込むことで更に外面が良くなるという利点があります。近年では加工技術の向上により、耐火性能に優れた木質系サイディングも存在します。

一方、木であるためにどうしても劣化しやすく、防水性能に劣ることもデメリットです。優秀な業者に積極的なメンテナンスをしてもらうことを忘れないでください。

費用と相場

木質系サイディングはメンテナンスの手間もかかるため、1㎡の価格は5000円~10000円辺りが適正価格となっており、大規模な張り替えをおこなうと200万円近くの費用がかかる場合もあります。木質系サイディングは美しさこそが人気の秘訣ですが、相応の価格が必要になると考えましょう。

耐久年数

木質系サイディングは劣化しやすいですが、こまめなメンテナンスを忘れなければ8年~12年の耐久年数を誇ります。木質系特有の味わいや雰囲気を楽しみたいのであれば、長期的なメンテナンスを前提にしながら予算を組み立てましょう。予算と手間がかかる分、きちんとメンテナンスをすれば自然の雰囲気を堪能できる暮らしができます。

金属系サイディングの特徴

金属系サイディングは素材の種類が豊富で、アルミニウムやステンレスなど多く揃っています。材料によって細かい性能は変わりますが、断熱性に高く天候の変化にも強いことが大きな特徴です。

金属特有の優れたデザインのサイディングも多く、優れた性能とデザインで人気を集めています。

メリットとデメリット

金属系サイディングは素材が軽量で、リフォームをしやすいというメリットがあります。断熱性・防音性・防水性・耐震性の全てが優れているため、長く住まいを守りたい人におすすめです。

一方、金属は大きな衝撃や温度の変化が起こると変形しやすく、また鋭い物でこすると傷がつきやすいため、ていねいに扱う必要があります。また、メンテナンスを怠るとサビも発生しやすく、海風や酸性雨に弱い点もデメリット。どんな強い材質でも、メンテナンスが必要であることを覚えておきましょう。

費用と相場

金属サイディング自体の値段も1㎡辺り5000円が一般的となっており、家全体に工事を施せば150万円~200万円近くはかかります。さらに特殊な加工を施せば予算は上乗せされるため、窯業系以上にお金がかかると考えましょう。

耐久年数

金属系サイディングはこまめなメンテナンスをおこなえば10年~15年もの耐久期間を誇ります。ただし、生活の中で増えていく傷やサビなどの対策も考えなければいけないため、穴が開いた時の処置も必要です。

自分が住む場所の特徴も考えながら、金属系サイディングの使用を決めましょう。金属のメリット・デメリットの両方を把握することが、利用における第一歩です。

「安く」「高い技術」
がある外壁塗装業者ベスト3!

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

1位

95万8,878円

匠ペイントプロ

匠ペイントプロの
公式サイトはこちら

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

2位

97万2000円

リペイント

リペイントの
公式サイトはこちら

全20社に
見積もり依頼
しました!

※40坪・2階建て(シリコン塗料)での価格