TOP » これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装の期間はどれくらいかかる?
  

外壁塗装の期間はどれくらいかかる?

外壁塗装にかかる日数や、平均的な外壁塗装のスケジュールをまとめています。

外壁塗装にかかる期間はどれくらい?

外壁塗装は7~10日ほどの期間で行われることが多く、余裕を持たせると14日間ほどを目安です。また、1つ1つの工程をしっかりと行うと1工程で1日かかります。

外壁塗装はペンキを塗るだけ、というイメージを持たれてしまいがちです。しかし、外壁塗装の施工には、足場の組立・施工を行う部分の洗浄も含めて様々な工程を行う必要があります。順調に進んで7~10日ほどとなっているため、少なくとも14日間はかかると考えてスケジュールを組んでおくことが大切です。

いずれの工程も丁寧に行うと1日はかかってしまいます。そのため、7~10日よりも早く施工を行えると言われた場合には、何らかの作業を省略していたり塗料が乾かす時間をあまりとっていない場合もあるので注意しましょう。

外壁塗装のスケジュール

【1~5日目】施工に入る前の下準備

施工を行う前に、挨拶・足場設置・洗浄・養生といった下準備があります。

目安としては、1日目は騒音や臭いなどで迷惑をかける可能性がある近隣住民の方へ挨拶をします。2日目に安全に施工できるように足場を設置。3日目に施工を行う箇所に高圧洗浄を行います。戦場の時にしっかりと汚れやほこりをとることで塗装を行った後の仕上がりも良くなります。汚れの具合や洗浄後の乾き具合によって1~2日間かかります。洗浄を行って綺麗にしたら、4日目もしくは5日目に塗装を行わない部分に養生をして保護を行って塗装の下準備は完了です。

この工程を丁寧にしておくことも塗装を綺麗に仕上げる上で大切になっています。

【6日目~8日目】塗装を行う

養生まで行ったら、塗装を行っていきます。養生は半日ほどなのでその後もしくは6日目には下塗り後に行う中塗り・上塗りが密着するようにしっかりと下塗りを行っていきます。

この時使用するのは下塗り専用の塗料となっており、外壁の劣化具合・状態に合わせて塗っていきます。下塗りの塗料は外壁に塗る予定の色と異なる場合があります。これは、現在の下地の色の上に色を塗り重ねて行った場合に透けないようにするためということが多いです。不安を感じた場合は一旦職人に聞いてみましょう。

7日目に中塗りを行います。乾燥時間や調合は施工要領書を守って行い、しっかりと乾燥させることが重要です。乾燥時間を短縮させて上塗りと一緒に行うと後で不具合の起きる原因となるので注意しましょう。

8日目に最後の仕上げで上塗りを行います。中塗りと同じ塗料を使って仕上げていきます。

【9日目~10日目】最終チェック・足場解体

9日目に塗装後のチェックを施工主と一緒に行っていきます。修正してほしい箇所があれば、この時に伝えると対応してくれます。

特に問題がなければ、10日目に足場を解体して終了となります。

「安く」「高い技術」
がある外壁塗装業者ベスト3!

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

1位

95万8,878円

匠ペイントプロ

匠ペイントプロの
公式サイトはこちら

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

2位

97万2000円

リペイント

リペイントの
公式サイトはこちら

全20社に
見積もり依頼
しました!

※40坪・2階建て(シリコン塗料)での価格
               外壁が綺麗な家        

「安かろう悪かろう」は外壁塗装でも当然あります。ただ外壁塗装業者の多い浜松では、低価格でも技術力の高い業者さんが多数。どこに見積もりを頼んだら…?そんな方はこちらをチェック!

       価格ランキングを見る