TOP » これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装の最適な時期とは?

外壁塗装の最適な時期とは?

外壁塗装をいつ依頼するべきなのか、迷ってしまうことがあるのではないでしょうか。そこで、外敵塗装の最適な時期についてまとめました。

外壁塗装の必要性を見極める

外壁塗装の最適な時期、それは「外壁塗装をしなくてはならない症状が出ている時」です。一般的に築10年が目安と言われていますが、環境によって外壁の劣化スピードは変動するため、もっと早く修繕したほうがいいこともあります。

外壁塗装が必要かどうかは塗装業者に診断してもらうのが一番ですが、なかなか都合が合わなかったり、費用が発生したりする可能性もあるため、まずは自分でチェックするのがオススメです。セルフチェックするべき項目も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

変色・色褪せ

外壁の変色・色褪せは、塗料の劣化が始まっているサインです。緊急性はありませんが、ひび割れなどが出てきたら、専門家に診断してもらったほうがいいでしょう。

チョーキング

外壁に手で触れた時、白い粉がつくことを「チョーキング現象」といいます。少し白くなる程度ならともかく、真っ白になるようなら早く塗装しなければなりません。そのまま放っておくと、ひび割れ・カビ・シロアリなどの被害につながる恐れがあります。

膨れ

過去に手抜き工事をされたり、外壁と塗料の相性が悪かったりすると、塗膜の膨れが起こりやすくなります。大きな剥がれにつながる恐れもあるため、外壁塗装を検討したほうがいいでしょう。

剥がれ・剥離

外壁の剥がれ・剥離は、塗料の効果がすでに切れているサインです。防水性がなくなって雨水が侵入してしまう状態なので、早急に塗装する必要があります。

ひび割れ

0.3㎜以下のひび割れは「ヘアークラック」、0.3㎜以上のひび割れは「構造クラック」といいます。特に後者が発生している場合、雨水が侵入してカビや強度低下につながるので、すぐ修繕しなければなりません。

シーリング材も細かくチェック

塗装された部分だけではなく、外壁材同士の間に埋め込まれたシーリング材のチェックも重要です。ひび割れや剥がれが起こっている場合、雨水やシロアリの被害につながるので、早めに修繕してもらいましょう。

外壁塗装に最適な季節

外壁塗装では季節も重要です。気温5℃以上、湿度80%以下の作業環境が理想的と言われているため、最適な季節は春・秋となります。逆に梅雨や台風の影響を受ける夏、低気温で日照時間も短い冬に依頼するのはオススメできません。

「安く」「高い技術」
がある外壁塗装業者ベスト3!

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

1位

95万8,878円

匠ペイントプロ

匠ペイントプロの
公式サイトはこちら

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

2位

97万2000円

リペイント

リペイントの
公式サイトはこちら

全20社に
見積もり依頼
しました!

※40坪・2階建て(シリコン塗料)での価格