TOP » これだけは知っておきたい!外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装の保証内容とは?

公開日: |最終更新日時:

外壁塗装の保証内容とは?

外装のリフォームを行う際、外壁の張替えや屋根の葺き替えで使用した製品に、メーカーが一律の補償をしているのはご存知の方が多いと思います。では、外壁塗装ではどうでしょうか。業者を選ぶ際は、値段だけでなく保証内容についてもチェックするようにしたいですね。ここでは、外壁塗装の保証の種類や保証期間、どういったところが補償の対象になるのかなどについてご紹介します。

外壁塗装の保証の種類

保証にはいくつか種類があります。それぞれどのようなものなのか確認し、業者選びの際の参考にしましょう。

自社保証

塗装業者が独自で行っている保証です。補償内容や保証期間は会社によって変わりますので確認が必要です。
塗料の種類に限定されずに保証があるのはメリットですが、会社の倒産で無効になってしまう事や、補償の適用基準の判定があいまいなことがデメリットです。適用になると思い尋ねてみたところ、否定され有料での見積もりを提示されてしまうケースもあるようです。

団体・組合保証(第三者保証)

業者が団体や組合に加盟している場合、仮に施工業者が倒産してしまっても、加盟団体の保証が受けられることになります。しかし、加盟団体が解散してしまった場合は自社保証同様無効になってしまいます。
保険料負担が家主にかかってしまいますが、、国土交通省が推奨している「リフォーム瑕疵担保保険」ならば業者が倒産しても、瑕疵(欠陥)があれば家主が保険金を受け取れます。しかし、外壁塗装の保証期間は1年間になります。

重要なのは、保証の範囲

保証において、重要になってくるのはどこまで保証してくれるのかという保証の範囲です。この点をしっかりと確認しておかないと、トラブルが起こりやすくなってしまいます。特に自社保証では、破風板・軒天井・雨樋・雨戸などの「付帯部」と呼ばれる箇所は、補償の対象外としている業者がほとんどです。契約内容は細部までしっかりと確認し、納得したうえで契約するようにしましょう。

塗料別・部分別の保証期間

塗料メーカーでは、製造した塗料という製品に対しての保証はあります。しかし、戸建ての家に対する施工内容への保証はほとんど行っていません。実際に施工するのが各業者になるため、施工の工程・品質の管理を評価するのが難しいからというのが理由です。地域や塗料を限定して保証しているメーカーもありますが、適用はマンションなどで戸建て住宅も対象になることはほぼありません。

保証の対象について

外壁塗装の保証制度が適用になる項目は外壁の「色あせ」「チョーキング」「ひび割れ」「塗装のはがれ」、そして「付帯部の劣化」などがあります。どの程度で適応になるのかなどの細かな条件を事前にきちんと確認しておくのが良いでしょう。具体的な写真や事例などを見ながら確認できると、業者側との相違なく確認することができます。

保証対象外となる例

外壁や屋根における細部である「破風板」「軒天井」「雨樋」「雨戸」などの付帯部は、自社保証では多くの業者が対象外としています。また、補償対象になっているけれども、トラブルになりやすいのが業者側との感じ方の相違です。こちらは「色あせ」と感じているが業者側が認めずに対応してもらえないというケースもあるようです。

「安く」「高い技術」
がある外壁塗装業者ベスト3!

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

1位

95万8,878円

匠ペイントプロ

匠ペイントプロの
公式サイトはこちら

2位

97万2,000円

歩夢美装

歩夢美装の
公式サイトはこちら

2位

97万2000円

リペイント

リペイントの
公式サイトはこちら

全20社に
見積もり依頼
しました!

※40坪・2階建て(シリコン塗料)での価格
               外壁が綺麗な家        

「安かろう悪かろう」は外壁塗装でも当然あります。ただ外壁塗装業者の多い浜松では、低価格でも技術力の高い業者さんが多数。どこに見積もりを頼んだら…?そんな方はこちらをチェック!

       価格ランキングを見る